離婚問題で第三者に間に入ってもらう。

離婚回避がどうしても難しいという時があると思います。
お互いに離婚が本心ではないにしても、話し合うとつい感情的になってしまうとパターンはとても多いです。
これでは精神的に疲れてしまいますし、冷静な判断ができないというのがオチです。

別ページでも書きましたが、このような場合は別居という手段もありますが、そこまで金銭的な余裕が無い、または子供がいるという場合はあまり現実的では無い場合もあります。
実家に戻るという方法も1つの手です。
しかしこれは周囲を心配させてしまう原因ですし、何かとトラブルが起きやすい状況になるのではないでしょうか。
周囲の親族が感情的になるほど収集がつかないものはありません。

では、何が一番ベストなのか。
それは第三者に間に入ってもらうことです。
お互いが信頼する友人でも良いですし、その道のプロの方でも構いません。
行政書士、弁護士、更には離婚カウンセラーまで。
その道のプロは一番冷静なアドバイスをもらえると思います。

また、家庭裁判所は離婚をするだけのものではなく、夫婦仲を改善するための「夫婦円満調停」というのがあるのはご存知ですか?
これはぜひ調べてみてください。

夫婦間で解決することが一番ですが、わかりやすく、そしてお互いが納得して手短に解決できるのはやはり第三者が間に入ることです。
離婚、別居をする費用を考えれば、プロに頼む金額は微々たるものだと思います。

ぜひ離婚解決に向けて最善を尽くしてみてください。

子供と離婚問題

カテゴリ

第三者が入る離婚問題

子供と離婚問題

このサイトってなに?

ルール説明 担当者