子供がいる場合の離婚問題

離婚を考えている場合、子供がいるといないとでは大きな違いが出てくると思います。

離婚というのはお互いの同意の元、離婚が可能になります。
お互いが同意する問題が増えれば増えるほど、離婚することが長引くと思っていてもらって構いません。

財産分与や慰謝料など、金銭的な争いは勿論。
子供がいつ場合はこれらの金銭的な問題から親権争いへと発展するケースが多々あります。
子供の奪い合いというのは、もちろん夫婦にとっても悲しいことですが、一番悲しい思いをしてるのは子供ではないでしょうか。
なるべく子供の事を考えれば、離婚回避をすることが一番でしょうし、子供のためになるとは思えません。

アメリカの調査によると、両親が離婚している子供は結婚願望が薄いという結果が出ています。
更に、結婚したとしても離婚する確率がかなり高いそうです。
あくまでこれは一般的な意見ですし、結婚が人生の全てではありません。
しかし、子供に対して何かしらの影響を与えていることは確かなはずだと思います。

やはり子供のことを考えれば、離婚を回避することがベストだと思います。
ただし、子供のことを考えて嫌々ずっと生活を続けているというのも難しい問題です。
子供のためを思って離婚を我慢している夫婦も多数いるとは思いますが、夫婦間の問題は解決できているとは思えません。

子供をきっかけに、離婚しないとなるのであれば夫婦間の離婚問題を解決する時間があると思うのはどうでしょうか?

第三者が入る離婚問題離婚問題を抱えた別居

カテゴリ

第三者が入る離婚問題

子供と離婚問題

このサイトってなに?

ルール説明 担当者