離婚解決策の1つとして別居という方法もあります

離婚回避の方法として、思い切った方法も時には効果的です。
もし自分の意図反してどんどん離婚のお話が進んでしまってる場合、こういう時は別居が最善策です。

別居とはお互いの考えをまとめる時間として捉えましょう。
冷静な意見を交換できるようになるまでの冷却期間と思えば納得できませんか?

ただ、もしパートナーが離婚をしたいと思ってる場合は別居はNGです。
離婚を望んでいるのであれば、別居は相手にとってはチャンスになるから。
ここぞとばかりに離婚の手続きを進めるケースが多いんです。

別居が効果的なのは、もう本当に別れてしまいたいと思った時。
または相手も自分も離婚を回避したいけど、冷静にお話ができないという時。
この2つの理由での別居はとても効果的だと言えます。
よく芸能人の離婚問題で「別居」という言葉を耳にしませんか?
あれは上記の2パターンが当てはまります。

別れたいと思っているのに同意してくれない。
こういう場合は別れたい方が別居をします。
もちろん冷静になってもらうのも理由ですが、ある年数を別居すると法律的に離婚が認められるケースがあるからです。
強引な離婚にもっていきたいケースに別居はありがちなパターンだと言えます。

そして冷却期間を考える別居は、月に1回程度話し合いの時間を設けるというのが良いでしょう。
会わずにそのままでは「離婚しても良いのではないか」という意識が芽生えるからです。
回避するには、月に1度は必ず話し合いの場を設けてください。

子供と離婚問題離婚問題の予防策

カテゴリ

第三者が入る離婚問題

子供と離婚問題

このサイトってなに?

ルール説明 担当者